ロレックス エアキングが欲しい!

欲しい時計は山ほどあるけれど、
手にいれられるモノは一生に一つだけだったとしたら、
管理人は迷わずコレを選びます。

腕時計の王様を。

シンプル。エレガント。

ƒvƒŠƒ“ƒg

ロレックス エアキングが欲しい!

ロレックスです。時計好きでなくとも知らない人はいないブランドです。
まさしく腕時計の王様。

ただ、その超高級なイメージから、逆に敬遠される方もいらっしゃいます。
たしかに、欲しくても高級すぎて全く手が出せないモデルが多いです。

それは管理人も同じ。「欲しい!」と言うのも気が引けるクラスは今回触れません。

では、ロレックスの欲しくなるポイントをまとめてみます。

・間違いないナンバーワンブランドで、ステイタスは計り知れない
・世代を超えて愛される一生モノ
・精度の高い機械式自動巻き
・エレガントなデザイン
・見た目よりも軽く、扱いやすい
・歴史、実力、実用性すべてに優れている
・ファッションやステージを選ばない

いろいろあげるとキリが無いのですが、つまり、ロレックスはシンプルでいいのです。
シンプルなロレックスと言えば、

「エアキング」です。

シンプルですよ。ロレックスの代名詞の一つ「デイトジャスト」も、
「クロノグラフ」も、「ベゼル」さえも付いていません。

時計以外の付加機能はゼロなのです。

しかし、100m防水は標準ですし、王冠のマークもあります。
実用性に特化した、さりげない、ロレックスです。

そしてシンプルは何よりも、美しいです。

セレブ愛用のダイヤモンドが沢山散りばめられたロレックスは、管理人はとても買えません。

ロレックスのクロノグラフも、悪くは無いですけど、クロノグラフは別に欲しいブランドがあります。

ドーバー海峡を泳いで渡った物語も、エベレストを登頂した物語ももはや伝説。
管理人はそんな伝説よりも、管理人の過酷な日常に耐えうる時計が欲しいのです。

ロレックス エアキング
価格帯 40万円~80万円

エアキングの価格帯は、平均的なイメージのロレックスより桁が少ないのが魅力です。

因みに、ロレックスはメーカーオーバーホールも何回でも対応してくれて、その都度新品同様になって帰ってきます。

それゆえ、アンティーク(中古)の選択も悪くありません。

新品がいいのは当然として、古い味のあるロレックスもまたいいのです。

エアキングのアンティークも時々出会えるので、出会ったら手に取ってじっくり眺めてみましょう。何か感じるモノがあれば、それこそ、“出逢い”なのです。