ツェッペリン7680-1 100周年記念モデルが欲しい!

子供の頃、管理人が憧れた職業のナンバーワンはパイロットでした。
鳥よりも高く、雲も突き抜け、大空を羽ばたく飛行機。
いつも空を見上げていました。
初めて飛行場で、巨大なジャンボジェットを間近で見た時の興奮は今でも忘れられません。

同じような思い出を持つ方、多くないですか?

図鑑や子供の雑誌に載った飛行機の写真を、食い入るように眺めていたものです。

今回紹介する時計は、そんな空への憧れが蘇る逸品です。
その名は“飛行船”。

ツェッペリン7680-1 100周年記念モデルが欲しい!

「ツェッペリン」とは、1900年にドイツで初飛行した「硬式飛行船」の開発者の名前です。
飛行船じたいが他に無い時代ですから、飛行船=ツェッペリンと呼ばれていました。

全長245mの巨大な飛行船が大空を舞い、1万kmの距離を飛んだのです。

1万kmとは、東京からロンドン、パリまで行ける距離です。
これが20世紀初頭の話です。わくわくしませんか?

歴史的には、その後ナチスの台頭、戦争、長距離旅客機の登場などにより、その大空の主役の座は奪われていきましたが、今も世界の空を飛んでいます。
(日本国内でも2010年まで飛んでいました。)

 

時計4飛行船

 

話を時計に戻します。
ツェッペリンは、1987年にドイツミュンヘンで創業したブランドで、先述のドイツが誇る飛行船の名を冠し、イメージ、デザインともに、当時の飛行船とその計器類を彷彿とさせます。

もちろんドイツらしいクオリティの高さは言うまでもなく、本格的なパイロットウォッチとして、今や世界中で愛されています。

特に管理人が一押しの「7680-1 100周年記念モデル」の精巧なデザインは本当に飛行機の計器のよう。

クロノグラフ、タキメーターの機能は、まさにプロ感覚。

厚めの革ベルトは、硬めで最初は違和感を覚えますが、長く使うことでなじませていく本物。
過酷な環境でもそう簡単に切れることはありません。

文字盤には飛行船ツェッペリン号をモチーフとしたマークとともに、ドイツ語で100周年を意味する「100Jahre」と入っています。

これは男子として、自慢したくなる逸品なのです。

価格帯 5万円~