フランク・ミュラー トノウカーベックスが欲しい!

モノに与えられたデザインを見た時に、
これほど感動することがあるでしょうか。
単なるアクセサリーではない。
単なる道具でもない。
決して堅苦しくはないのに、
崇高さを感じられる。
静かに、確かに、存在感を示す。

管理人はこの時計に出会ったために、
時計に関心を持つようになりました。

今回は、フランク・ミュラーをご紹介します。

フランク・ミュラー トノウカーベックス

スイス、ジュネーブ時計学校を主席で卒業し、
アンティーク時計の修復や、
オーダーメイド制作を行っていた、独立時計師のフランク・ミュラーが、
1992年に創設したブランドで、
創設と同時に発表されたのがこの
「トノウカーベックス」です。

湾曲トノウ(樽型)のケースは、20世紀初頭に見られた形でしたが、
長く使われることが無く、忘れられていたデザインでした。
そこにフランク・ミュラーが、卓越した技術を詰め込んで現代に甦らせたのです。

時計3トノウ

フランク・ミュラーはその高い技術で「天才時計師」と呼ばれ、
様々な特許取得や世界初の試みなど数多く、それは奇跡と言えるレベルです。
スイスの時計産業にとって、まさに彼は
「マスター・オブ・コンプリケーション(複雑時計の巨匠)」となったのです。

機械式時計制作の技術もひじょうに高い評価なのですが、
自身の名を冠したブランドで最初に発表したこのトノウカーベックスのデザインもまた高い評価を得ました。
どの角度から見ても金色に美しい弧を描くトノウケース。
シンプルな白ベースの文字盤にはノスタルジックなビザン数字。
目を奪われるそのフォルム。うっとりしてしまいます。
時計という“モノ”でありながら、堅苦しさは全く感じさせず、
時計であることさえも忘れてしまいそうです。

「時間は本来、自由なもの。時計が時を忘れ、時を楽しむことを教えてくれます。」
フランク・ミュラー

なるほど。
管理人にとって、かなり高価な時計ですが、
このフランク・ミュラーのトノウカーベックスだけは必ず手に入れたい逸品です。

フランク・ミュラー トノウカーベックス(自動巻き) 価格帯 80万円~

同じデザインでクオーツもあるにはあるのですが、
やはりフランク・ミュラーは機械式にこだわりたいです。