グランドセイコー スプリングドライブが欲しい!

最高のモノが欲しい。
2番手では駄目なのです。

グランドセイコー スプリングドライブが欲しい!

日本が世界に誇る時計ブランド、セイコーは、
海外での評価は、あの時計の王様ロレックスに匹敵すると言われています。
時計としての基本機能、精度、
デザイン、耐久性、
ステータス性、etc.

実は、技術力では匹敵どころか、セイコーが世界のTOPランナーだったりします。
つまり、1番の時計ブランドは、スイスやアメリカのブランドではなく、日本生まれのセイコーなのです。(管理人の主観です)

時計8富士山

今回はそんな世界一の高い技術で作られた、グランドセイコーのスプリングドライブを紹介します。

グランドセイコーは基本的に、伝統の機械式で作られています。
自動巻きシステムを採用しているので、ほとんど一生、時を刻みつづけます。

「そんなの別に珍しくない」と感じる方も多いでしょう。
たしかにそうなのですが、
その基本性能がずば抜けている時計があります。

有名な「グランドセイコー」を超えた、「グランドセイコー・スプリングドライブ」です。

スプリングドライブの凄さは、
8日間駆動し続けることです。

機械式=ゼンマイが動力源なのですが、
これまでは、手巻きにしろ、自動巻きにしろ、
フルリザーブ(ゼンマイが最大限巻かれた状態)からの駆動時間は普通、1~2日間です。

もちろん自動巻きでしたら、着用して日々過ごしていれば、そう止まることは無いのですが、例えば仕事の休み明けなど、時計を数日着用していなかったりすると、やはり止まってしまうのが現実です。

休み明けの忙しい朝に、ゼンマイを巻いて、時間を合わせてというのは、けっこう大変なものです。

「スプリングドライブ」はなんと8日間も動き続けるのです。
このような機械式時計は他にありません。

私たちはオンとオフをしっかり切り替える必要がありますが、
時計は手にした瞬間、常にオンでなければいけませんよね。

この技術は、「今一番来てる」こと間違いないです。

伝統のグランドセイコーデザイン。
プラチナケースはさりげなく、それでいてシャープな美しさを持つ。
リューズに刻印されたGSマークは本物の証。

無骨ではない。
無表情でもない。

宝石で着飾って、価値を高めたのではない。
人も時計も、その価値は、中身が全てと言える。

2016年8月発売 6,000,000円

ロレックス エアキングが欲しい!

欲しい時計は山ほどあるけれど、
手にいれられるモノは一生に一つだけだったとしたら、
管理人は迷わずコレを選びます。

腕時計の王様を。

シンプル。エレガント。

ƒvƒŠƒ“ƒg

ロレックス エアキングが欲しい!

ロレックスです。時計好きでなくとも知らない人はいないブランドです。
まさしく腕時計の王様。

ただ、その超高級なイメージから、逆に敬遠される方もいらっしゃいます。
たしかに、欲しくても高級すぎて全く手が出せないモデルが多いです。

それは管理人も同じ。「欲しい!」と言うのも気が引けるクラスは今回触れません。

では、ロレックスの欲しくなるポイントをまとめてみます。

・間違いないナンバーワンブランドで、ステイタスは計り知れない
・世代を超えて愛される一生モノ
・精度の高い機械式自動巻き
・エレガントなデザイン
・見た目よりも軽く、扱いやすい
・歴史、実力、実用性すべてに優れている
・ファッションやステージを選ばない

いろいろあげるとキリが無いのですが、つまり、ロレックスはシンプルでいいのです。
シンプルなロレックスと言えば、

「エアキング」です。

シンプルですよ。ロレックスの代名詞の一つ「デイトジャスト」も、
「クロノグラフ」も、「ベゼル」さえも付いていません。

時計以外の付加機能はゼロなのです。

しかし、100m防水は標準ですし、王冠のマークもあります。
実用性に特化した、さりげない、ロレックスです。

そしてシンプルは何よりも、美しいです。

セレブ愛用のダイヤモンドが沢山散りばめられたロレックスは、管理人はとても買えません。

ロレックスのクロノグラフも、悪くは無いですけど、クロノグラフは別に欲しいブランドがあります。

ドーバー海峡を泳いで渡った物語も、エベレストを登頂した物語ももはや伝説。
管理人はそんな伝説よりも、管理人の過酷な日常に耐えうる時計が欲しいのです。

ロレックス エアキング
価格帯 40万円~80万円

エアキングの価格帯は、平均的なイメージのロレックスより桁が少ないのが魅力です。

因みに、ロレックスはメーカーオーバーホールも何回でも対応してくれて、その都度新品同様になって帰ってきます。

それゆえ、アンティーク(中古)の選択も悪くありません。

新品がいいのは当然として、古い味のあるロレックスもまたいいのです。

エアキングのアンティークも時々出会えるので、出会ったら手に取ってじっくり眺めてみましょう。何か感じるモノがあれば、それこそ、“出逢い”なのです。

タグホイヤーカレラ自動巻きが欲しい!

憧れのF1レーサーのようにサーキットを疾走してみたい。
制限速度を忘れて夢を追いかけてみたい。
安全第一。車でそんなことはできないけど、
プライベートや仕事は全力疾走中。

ゴールフラッグまで一分一秒が大事。
だから、大人になってもおとなしくならないって、
多分、多くの男は思っているはず。

 

タグホイヤーカレラ自動巻きが欲しい!

昔、F1レースの中継で見たマーク。
レース中、あのアイルトン・セナやアラン・プロストがしていた時計。

あの時も、カッコいいとは思ったけど、
子供だった私が買える代物ではなく、
(遠目には)よく似たクロノグラフの安物を買って着けていました。

その本物が、大人になった私の前に現れました。
マッハの速度であの頃の記憶が復活です。
“速さ”はカッコ良さだったあの頃。

時計6F1

スポーティというよりも、モータースポーツウォッチと言う方が正解。
F1をイメージしたというスケルトンデザインは、所有者をパイロットと呼びたくなる。
ブラックを基調としたボディにアクセントの赤が冴える。
速そうだ。誰よりも。

ただ見栄えを良くする目的のクロノグラフが多い中、
カレラのクロノグラフは本物。

もともとタグホイヤーはストップウォッチが有名です。
F1はもとより多くのモータースポーツ、オリンピックなどの国際スポーツ大会で、
タイム計測を任されるナンバーワンブランドです。
このクロノグラフこそ、タグホイヤーのこだわりなのです。

しかし、だからといって、スポーツシーン専用ではありません。
シックな雰囲気もあるので、フォーマルにも、カジュアルにも合わせやすいです。

ただし、カレラはかなり活動的なイメージなので、時計に負けないように注意です。

サッカーのクリスティアーノ・ロナウド、テニスの錦織圭など一流のスポーツ選手がアンバサダーを務めているのも、ちょっとミーハーな管理人にとっては魅力です。

価格帯 30万円~

機械式の高級ブランド時計の中では、比較的安価なのも魅力です。
電池式と違って、機械式はちゃんと手入れをすれば一生付き合えますし、
タグホイヤーのクオリティはオリンピック級なので間違いありません。
そう考えると、格安とも言えます。

因みに、セナ限定モデルも、カッコいいです。
(ただし、こちらはクオーツ 18万5千円)